不動産投資における地域選びの重要性とは?様々な視点からリサーチ

不動産投資では、どこのエリアの物件を選ぶのかが最も重要なカギとなります。そのため、人口は伸びしろがあるか、再開発など街の魅力は今後も発展思想にあるのかなど徹底してリサーチを行い慎重に検討することが大切です。当ページでは地域ごとの不動産投資情報をわかりやすくまとめているので参考にしてみてください。

地域ごとの不動産投資情報を解説

不動産投資において最も重要なポイントは、「どの地域で物件を選ぶのか」です。
ここで間違った選択をしてしまえば、収益が得られず投資に失敗してしまいます。
そのため、交通アクセスが良いか、生活する上での利便性が高いか、治安は大丈夫か、などさまざまなポイントを考慮して物件を購入するエリアを選ぶ必要があります。
こちらのページでは、各地域の不動産投資に関する情報をご紹介しているのでぜひ参考にして選んでみてください。

東京エリア

東京都の街並み

不動産投資をするなら東京23区」とよく言われている理由をご存知でしょうか。
東京都は全国で最も人口流入が多いエリアで、少子高齢化による人口減少や物件の供給過多による影響を受けづらく、長期的に安定した収益を確保しやすいと言われています。
また、2020年の東京オリンピック開催に向けて大規模な再開発も進んでおり、さらに魅力的な都市へと変貌を遂げようとしています。
このことから、東京23区は今後ますます有力な不動産投資先として注目度が高まっていく見込みです。

神奈川エリア

みなとみらいの様子

神奈川県は、東京に次いで人口の多い都市で、不動産投資の面では東京23区に劣らない魅力があるエリアです。
特に、神奈川県の中心地として栄えている横浜市と川崎市は要チェックすべき場所で、東京へのアクセスもよく、商業施設が充実していることから単身者層とファミリー層から人気を得ています。
東京23区は利回りが低くてなかなか手が出せないという方は、神奈川県での不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

千葉エリア

千葉県の街並み

ディズニーリゾートや成田空港がある千葉県は、都内に比べて賃料が安いことから東京に通勤・通学する人たちのベットタウンとしての役割を担っています。
そのため、千葉県で不動産投資をするうえでのポイントは、都内の主要都市に1時間以内でアクセスできるエリアに絞ることです。
また、利用者のニーズを考慮することもポイントで、成田空港やディズニーリゾートを利用する外国人観光客に向けた民泊で不動産投資をするという手もアリだと考えらます。

埼玉エリア

川口駅の様子

埼玉県は「ダサいたま」など揶揄されることもしばしばありますが、大宮や所沢は都心並に栄えており、トーベ・ヤンソンのムーミンの物語をテーマにしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」もオープンしたことで話題となりました。
また、大宮市と浦和市が2019年の住みたい街ランキングでトップ10入りを果たしており、不動産投資先としても有力なエリアです。
千葉県と同じく、東京のベットタウンとしての役割があるので人口減少のリスクも少なく、東京の地価上昇の恩恵が受けられるため、安定した運用が期待できます。

不動産投資はエリア選びが重要

自分に合った投資方法を見つけよう!

先述した通り、不動産投資においてエリア選びは収益のカギを握る非常に重要なポイントです。
そのため、必ずしも東京23区がベストというわけでもなく、安定した家賃収入を得るためには、賃貸ニーズがあるかどうかにかかっています。
エリアごとのニーズをしっかりと把握し、入居者に合った物件を選んで運用を行いましょう。