千葉県の各地域の不動産投資情報を調査|需要が“豊富”なおすすめエリア

千葉県の地域ごとの不動産投資情報を解説しているページです。都心のベッドタウンとして役割を担っている千葉は、東京へ通勤・通学する人からの需要があります。また、海外からも人が集まるので民泊での不動産投資を考えてみるのもおすすめです。

千葉エリア

千葉県は東日本大震災の影響で人口が減少傾向にありました。
しかし、ここ最近では都内への通勤・通学などの利便性や都内と比較して家賃が安価であるという点が注目され人口が再び増加してきています。
そんな千葉県は、幕張メッセや東京ディズニーリゾート、成田空港など外国からの観光客が集まる地域でもあるので、不動産投資を検討する際は民泊を検討するのもおすすめの地域です。
また、千葉県にはまだまだ手をつけられる土地が残っているので将来性の期待できる不動産投資先ともいえます。

千葉

千葉都市モノレール

千葉市は、千葉県の県庁所在地であり、県内で最も人口が多い都市です。
都内へのアクセスが良好で商業施設も充実していることから、ベッドタウンとして栄えています。
不動産投資のポイントは、市内各区でニーズにバラつきがあり、なかには空室率が高い地域があることを注意することです。
このような注意点も踏まえて、千葉市の不動産投資情報を詳しく解説しています。

柏駅前の様子

柏駅周辺にはたくさんの商業施設や娯楽施設が密集していることから「千葉の渋谷」とも呼ばれています。
その一方で、柏駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、子どもを遊ばせられる自然豊かな場所もあるためファミリー層からも人気を集めている地域です。
そんな柏は不動産投資に向いているのか、どのような傾向があるのかをご紹介します。

船橋

船橋アンデルセン公園

船橋市は、千葉市の次に人口が多い都市です。
千葉市と東京のちょうど真ん中に位置しており、都内へのアクセスが良いことからベッドタウンとして発展しています。
また、ららぽーとやIKEAなどの大型の商業施設が充実しているうえに、北部へ行くと15ヘクタールの森公園があるなど自然も豊富にあるのが魅力です。
そんな船橋市は、2018年の千葉県民が選ぶ住みたい街ランキングでは1位を獲得する人気の高い地域です。
千葉県で不動産投資を考えている方は船橋市も要チェックしてみてください。