神奈川県にある各地域の不動産投資事情を詳しく解説!

東京都は利回りが低くて手が届かないという方におすすめなのが神奈川県です。東京23区に匹敵するほどの魅力のある都市で、不動産投資先として期待の高い地域といえます。

神奈川エリア

神奈川県は、不動産投資先として東京23区に負けないほどの魅力があります。
特に、中心部である横浜と川崎は大規模な再開発が行われたことで利便性が高まり、人口も著しく増えている人気のエリアです。
当ページでは、神奈川県各地域の不動産投資情報を詳しく解説していきます。

横浜

横浜の街並み

横浜は、神奈川県での不動産投資先として外せない地域です。
全国の市町村のなかで最も人口が多い市で、中華街や赤レンガ倉庫、みなとみらいなどの観光スポットが豊富にあります。
また、横浜市中心部は、異国情緒あふれるおしゃれな街並みから地域ブランドイメージが高く、住みたい街ランキングでも上位をキープしています。
そんな横浜の街は18の行政区から成り立っており、各地域でニーズが異なってくるため戦略をしっかりとたてて物件を購入しましょう。

川崎

川崎市にある工場

川崎も横浜と同じく、不動産投資先として注目しておきたい地域です。
ここ数年で大規模な再開発が進み、ファミリーや若者向けの商業施設や分譲マンションが増えたことで年々若年者の人口が増えてきています。
「川崎は治安が悪い」とよく聞きますが、再開発によってこのような負のイメージが払拭されつつあり、「暮らしやすい街」というイメージが定着してきているのです。
東京にも負けず劣らない魅力が豊富にある地域なので要チェックしておきましょう。

武蔵小杉

武蔵小杉のビル群

武蔵小杉は、ここ数年でタワーマンションや商業施設が次々と誕生しており、首都圏で最も変貌を遂げているエリアです。
首都圏への交通アクセスも抜群で、街並みもほどよく自然があり子供を育てる環境に向いていることからファミリー層の間で注目されています。
しかし、2019年10月に上陸した台風の影響で甚大な水害被害が発生し、懸念の声も上がっています。
不動産投資には向いている地域ですが、水害リスクを考慮した上で検討しましょう。

関内

関内の街並み

中華街や横浜スタジアム、山下公園など観光スポットが多く、レトロな街並みが魅力的な関内。
2020年に開催される東京オリンピックに向けて多数のホテルが建設され、野球・ソフトボールの試合会場として指定されている横浜スタジアムの改修・増築が進んでいます。
再開発計画もスタートしており、関内駅前にあった市庁舎が馬車道エリアへ移転したり大学の新キャンパスの建設が予定されていたりします。
横浜・川崎に次ぐ不動産投資先として期待されているので検討してみてください。