越谷の不動産投資情報を解説~再開発で町の発展に期待が高まる

イオンレイクタウンでお馴染みの越谷は、東京のベッドタウンとして人気があるエリアです。最近では、南越谷にある複合施設「越谷サンシティ」が2024年に解体することが示されており、詳細はまだ未定ですが内容次第では有力な不動産投資先として期待が高まります。

古き良き街並みが残る「越谷」

イオンレイクタウン

越谷市は、埼玉県南東部に位置する人口34万人の市で、中核市・業務核都市・保健所政令市に指定されています。
江戸時代には、日光街道の宿場町「越谷宿」として栄えていた歴史があり、今でもその古い街並みが残されているのが魅力です。
また、夏になると、約5,000発もの花火があがる「越谷花火大会」や、日本三大阿波踊りとして数えられる「南越谷阿波踊り」が開催されるのも見どころのひとつ。
毎年、県内外から多くの観光客が集まるビッグイベントです。
今回は、そんな古き良き伝統が残る越谷の不動産投資事情について詳しく解説していきます。

越谷は買い物には不自由しない街

越谷市のメインターミナルとなる越谷駅は、JR武蔵野線と東武スカイツリーラインが乗り入れています。
東京駅や新宿駅、渋谷駅など都内の主要都市へは1時間以内にアクセス可能なので、多くの通勤・通学者が利用している駅です。
駅構内には百均や本屋、ドラッグストア、カフェなどが入る「ファイン越谷」があり、
駅周辺には、大型複合商業施設「越谷ツインシティ」やショッピングセンター「アルコ越谷」があるので、生活必需品を揃える分には便利です。

日本最大級のショッピングセンターも
越谷レイクタウン駅

また、越谷市の東南部にある「越谷レイクタウン駅」には、日本最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウン」があります。
kaze棟、mori棟、レイクタウンアウトレット棟の3棟で構成されており、総面積は245,223 ㎡です。
アウトレットが併設されていることもあり、イオンレイクタウンには、越谷市民だけでなく、関東圏に住む多くの人々訪れています。
このように越谷は、駅前の商業施設が充実しているので買い物に不自由することはありません。
ただし、越谷駅付近は埼玉県内でも特に治安が悪いので注意する必要があります。

ファミリー層や一人暮らしの女性 をターゲットにした不動産投資物件を探すとしたら、駅から離少し離れた閑静な住宅街か越谷レイクタウン駅辺りがおすすめです。

越谷市の人口・家賃相場・空室率

ここからは、不動産投資を検討するうえで重要な、人口・家賃相場・空室率をみていきます。
まず、越谷市の人口は、令和元年12月時点で34,4515人という調査結果が出ています。
平成27年度は337498人、平成22年度は326313人のため、緩やかですが順調に増加してきている傾向です。
次に、家賃相場はワンルームで6万円前後となっており、賃貸要住宅の空室率は7.9%です。
都内に比べると家賃相場が安く、空室率も低めなので不動産投資におすすめのエリアといえます。

埼玉県「平成30年住宅・土地統計調査」
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a008/

越谷では再開発の兆しも

再開発のイメージ

また、越谷では新たな再開発の兆しもみえてきており、南越谷にある複合施設「越谷サンシティ」を2024年度に解体し、再発を進める方針が示されました。
この複合施設は、市民ホールや会議室、図書館、商業施設から構成されており、長年越谷市民から親しまれていましたが、運営会社の解散や施設の老朽化が懸念されていたため、解体し再開発を進める方針へと至ったのです。
再開発の詳細はまだ決まっていませんが、今後の活用方法次第では越谷の発展が見込めるといえます。
これから不動産投資を検討される方は、越谷の将来性を見込んで検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事