都内好立地の自社開発「BRI」

BRIサムネイル
特徴・実績
都心駅徒歩10分以内の投資用マンションを開発・管理
会社規模
資本金5,000万円・2007年創業
エリア 現在年収の目安
東京23区内 500~1,000万円
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.0~5.0% -

BRIは都内を中心に好立地・単身用マンションの開発を行っている不動産投資会社です。
BRIで開発・販売したマンションは、グループ会社のBRIコミュニティで建物を、BRIサポートで賃貸をそれぞれ管理サポートしています。
投資用のワンルームマンションのみを専門に取り扱い、23区内で駅から徒歩10分以内の立地に限定して開発することで、高入居率かつ資産価値が下がりにくい物件提供を可能にしました。また、維持コストを抑えながらも人気の高い間取りやデザインも人気の要因のひとつとなっています。

安定した家賃を実現

一括借り上げや家賃保証を付している場合、一定の空室期間があると家賃を下げられてしまうケース(家賃改定)があります。
BRIの提供するマンションは資産価値が下がりにくいので、入居率はもちろん家賃の値下げも極力抑えて、取得時のシミュレーション結果に近い運用が可能です。
都内で新築の投資用マンションを探している方は、物件情報をチェックする又はセミナーに参加する等で開発情報をいち早く仕入れられる環境を作ることが重要と言えますが、同社では定期的にセミナーを行っておりますので、成功する条件が整っていると考えます。

2010年以降に急成長を遂げる

2007年に創業したBRIでは2010年に急成長を遂げ、賃貸管理専門子会社の株式会社BRIサポートの設立に至っています。自社ブランドマンション「ガリシアシリーズ」を販売開始してから2019年で10周年を迎えており、2019年3月現在では45棟1,741戸の管理・開発をするまでの中堅不動産投資会社へと成長しました。

~営業の沿革~
2007年 株式会社BRI設立
2009年 自社ブランドマンション第1号ガリシアシリーズの販売スタート
2010年 賃貸管理専門子会社の株式会社BRIサポート設立
2012年 マンション管理業務専門子会社の株式会社BRIコミュニティ設立

東京23区の駅チカ物件に限定した新築マンションをこれだけハイペースで開発を続けられるのは、好立地物件の土地を取得できる独自のネットワーク・マーケティング能力・高い開発ノウハウを持っていることが分かります。

客層は会社員がメイン

サラリーマンでも運用しやすい投資

設立当初は会社役員や富裕層をターゲットに販売してきましたが、会社規模が大きくなったことで物件供給量及び価格が安定し、サラリーマンの方でも手を出しやすい投資内容となっています。老後の対策を意識し始める「年収500万円以上の会社員の方」に限定したセミナー内容が大変好評となっており、定期的に開催されています。
“キャピタルゲイン”や“短期的な収入”よりも、安定した運用や老後の年金代わり・税金対策・インフレ対策等を行いたい方から選ばれています。

金融機関と多数提携

BRIでは低金利の不動産投資用ローンが組める以下金融機関と提携しています。

【BRIの主要取引金融機関一覧】
イオン銀行、オリックス銀行、楽天銀行、東京スター銀行、関西アーバン銀行、ジャックス、日本政策金融公庫、東日本銀行

「提携先が多数ある=その分好条件の金融機関が見つかる可能性が高くなる」ことを意味しますので、提携金融機関が多ければ多いほど利用者には有利に働きます。
不動産投資で大きな課題になるローン審査を通すノウハウと、低金利かつ安全に利用できるスキームが投資家から高く評価されています。

管理人メモ
運営会社の規模は中規模ですが、好立地を厳選しつつハイペースで自社ブランドマンションの開発を続けている手腕は利用者から高い評価を得ています。立地が良い新築マンションのみなので取得価格はやや高めではありますが、家賃下落リスクが低い点や安定した利回りは魅力です。住人の満足度も高くなっており、平均入居期間が長いのも高入居率をキープし続けている要因と言えるでしょう。