グローバル・リンク・マネジメントとは

グローバル・リンク・マネジメントサムネイル
特徴・実績
入居率99.48%・管理戸数2,118戸
会社規模
資本金4億9,800万円
エリア 現在年収の目安
関東・各主要都市 400~800万円
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.0~7.0% - -

グローバル・リンク・マネジメントは「不動産ソリューション×IT」をコンセプトにし、東京から世界に通用する新しい不動産サービスを提供することを経営理念として掲げている不動産投資会社です。
Jリートへの土地及び建物の売却等(直近ですと2017年8月22日にケネディクス・レジデンシャル投資法人に750億円の不動産を売却しています。)も行っており、通常の収益物件のみならず、幅広いシーンでの不動産投資に深い関わりを持っています。

ワンストップサービスが強み

グローバル・リンク・マネジメントでは“企画・土地の仕入・設計”をはじめ、“不動産の仲介販売”“収益物件の管理”までを行っており、サラリーマンの方が副業として始める際にピッタリのワンストップ不動産投資を提案しています。
需要の高い土地を仕入れ、自社ブランドである“アルテシモ”の開発・販売を行うという至ってシンプルな営業スキームではありますが、不動産デベロッパー・建設業者との多彩なネットワークと販路を確保する事で、出来る限り価格を抑えつつも高品質を確保することに成功しています。

5つの収益チャンネル

グローバル・リンク・マネジメントでは、不動産仲介サービスをはじめ、他の不動産投資会社への卸売り(BtoB)、個人投資家向け(BtoC)、賃貸管理及び建物管理の計5つの収益方法を設けています。
そのため、1つの収益チャンネルしか設けていない不動産投資会社に比べて不動産の販売価格が安定し、高収益が見込める物件をリーズナブルな価格で提供する事を可能にしました。

また、土地情報の取得から販売までを独自のネットワークで行うことにより、効率の良い在庫を抱えない利益率重視の営業を行っています。

ワンルームマンションがメイン

首都圏をはじめ、各主要都市のワンルームマンションの販売を主な事業としています。
年金代わり・インフレヘッジ・融資の受けやすさ・安定した収益性と、非常にメリットが多いワンルームマンションですが、都市部は特に利回りが低く、短期取引でのキャピタルゲイン狙い又は数十年の長期保有のいずれかのみが選択肢となってしまうデメリットもあります。

また、ホームページでは物件の紹介がほぼなされていませんので、不透明さを感じざるを得ません。
物件の特性を把握し、不明点は担当者からしっかりと話を聞いた上で最終的な決断を行うよう心掛けてして下さい。

管理人メモ
大手不動産投資会社「グローバル・リンク・マネジメント」は、何と約8割がリピーター又はクライアントからの紹介となっているようで、ワンストップサービスは確かに会社員の不動産投資としてピッタリと言えます。
ただし、取り扱いは現状ですとワンルームマンションがメインとなっており、高利回り・キャッシュフローを求めるのであればやや不向きと言わざるを得ません。
融資が受けやすい、安定した収益といったメリットがある当該物件ですが、一言で言いますと「当り外れが激しい」という側面があります。吟味に吟味を重ね、本当に良い物件であると判断出来たら購入するようにしましょう。