登録物件1万超!「LIFULL」の不動産投資

LIFULLサムネイル
特徴・実績
総掲載物件数No.1
会社規模
資本金39億9,900万円・従業員1,245名
エリア 現在年収の目安
全国 300万円~
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
3.0~15.0% - -

関東・近畿を中心に投資用不動産を多く紹介している「LIFULL」では、区分マンションの登録件数が2018年12月現在で12,433件と、不動産投資会社の中でもトップクラスの掲載量となっています。さらに、区分マンションのみならず一棟アパートや一棟マンション、商業用ビルといった様々なジャンルを取り扱っており、これらも含めますと掲載数はゆうに2万件を超える掲載ボリュームです。不動産価額でもフィルターを掛ける事が出来ますので、欲しい物件が見つかりやすいという利点があります。

積極的にセミナーを開催

10~20名規模のセミナーを不定期で開催する不動産投資会社が多い中、LIFULLでは定員45名にて毎日開催しています。また、特別講師をゲストに招いたセミナーの場合1日に4回行う事もあり、積極的に開催されている事が分かります。初心者向けから上級者向けまで、自分のレベルに合わせて不動産投資を学ぶ事が可能です。

開催されているセミナーの例
・家賃収入12万円!手間いらずで安心を確保できるオススメ資産形成術
・ぶっちゃけいくら欲しい?もう迷わない!新築・中古、区分・一棟の徹底比較
・定年後、年金+毎月15万円!あなたもゆとりあるセカンドライフが叶います
・株・FXじゃなくて、大家さん!公務員・会社員の安定副業は家賃収入
・初めてのアパート経営は業者が隠したがる実態と真実を知れば成功できる!

このように、おもわず「受けてみたい!」と思ってしまうタイトルが並んでおり、不動産投資の基礎はもちろん、融資・運用・出口戦略・相続対策といった自身の状況に応じて好きなセミナーを選ぶ事が出来ます。参加費はもちろん無料となっているため、まずは同社のセミナーで基礎を学んでみても面白いかもしれません。

掘り出し物件多数掲載中

LIFULLで公開されている掘り出し物件

同社のホームページから物件を検索してみますと、利回り20%以上の物件が多くヒットします。例えば、以下の物件は大阪狭山市ある3DKの物件ですが、何と128万円で売り出されており、利回りは脅威の37.5%(想定家賃年48万円)。3~4年間満室に出来ればキャッシュフローの回収が出来てしまう収益物件となっています。

さらに、利便性は大きく落ちますが、価額130万円・利回り46.15%(想定家賃年59万9,950円)という恐るべき物件も確認されています。

利回りが非常に高い物件

提携金融機関の金利は高め

LIFULLでは、三井グループが100%出資している「三井トラスト・ローン&ファイナンス」と提携しています。事業用のローンを数多く用意している同金融機関ですが、投資用不動産ですと“アパートローン”を用いる事がほとんどでしょう。2018年11月1日現在の金利ですと、

・団体信用生命保険なしの場合…2.90%~4.40%(変動金利)
・団体信用生命保険ありの場合…3.30%~4.80%(変動金利)

と、やや高い印象です。さらに、融資額の1.62%(108,000円に満たない場合は108,000円)がローン手数料として必要になるため、借入コストが大きなネックとなります。安い物件を数多く抱えているため、時間は掛かりますがまずは300万円以下の物件を自己資金100%で回してみた方が無難かもしれません。

管理人メモ
掲載は不動産投資会社の中でもトップクラス!ただし、提携金融機関は金利が高く、自社販売が少ないという点で築浅マンションやアパート、一棟建て不動産を狙う際には毎月の支出が膨らむ可能性があります。下は100万円台から購入が可能となっているため、ローンを組まずに自身の自己資金のみで運用するのも一つの手です。まずは気になった物件をチェックし、収益のシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。