中古・新築アパートに対応!「MDI」

MDIサムネイル
特徴・実績
管理戸数27,574戸(2,365棟)・入居率99.2%
会社規模
2018年3月期連結売上高1,200憶2,200万円
エリア 現在年収の目安
東京・神奈川 500~700万円
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.0~10.0% -

“土地の人生を考える”をキャッチコピーに掲げる不動産投資会社「MDI」は、中古アパートのイノベーションから新築アパートの施工建築・販売までを行うアパートを利用した不動産投資のスペシャリストです。入居者・オーナー双方が利用しやすい住まいを提供する事で、入居率99.2%という高水準及び管理戸数27,574戸(2,365棟)という実績を獲得しています。同社の強みや特徴をまずは確認して行きたいと思います。

理想の賃貸住宅“LivLi”

MDIの主力商品「LivLi(リブリ)」は、日本古来の木造軸組工法に現代の金物工法を加えた、強度と耐久性及びコストパフォーマンスに優れた製法を採用しています。さらに、火やサビにも強くなっているため、木造ながら建築基準法上の“準耐火建造物”に当たる耐火性能を有しており、火災保険料が通常の木造建物に比べて安いというメリットがあります。アパート経営のリスクである“スタート時の空室”は、固定賃料保証を設ける事でリスクヘッジでき、他の物件よりも安定したキャッシュフローが望めます。

入居者目線のデザイン性

デザイン性の高いアパート設計 工夫が施されたMDIのアパート

MDIのアパートは、オーナーだけでなく入居者のニーズにも応えています。例えば、入居者の好みに合わせた“クロスの貼り替えサービス”は、オーナーの負担無しで行われており、長期的な入居へと繋がっています。また、同社のホームページ上では「インテリアシミュレーター」が用意されているため、部屋造りがよりイメージし易くなっている点も入居者にとって嬉しいサービスと言えるでしょう。さらに、収納スペースを最大限まで広げつつ生活スペースとしても活用する事で、間取り以上の“広さ”を実現させています。

人気上昇中の不動産投資会社

2012年3月期の管理戸数3,184戸(281棟)・連結売上高115憶3,600万円だったMDIですが、7年を経た2018年3月期には管理戸数27,574戸(2,365棟)・連結売上高1,200憶2,200万円と大きな躍進を見せています。創業2008年と開業から未だ10年程しか経っておりませんが、社員数は1,526名(2018年4月時)と確実なる成長を遂げています。

サブリース&一般管理に対応

MDIでは、全てを一任出来る「一括借り上げ(サブリース)システム」と、一部の管理のみを委託出来る「一般管理システム」の2つの管理方法を用意しています。そのため、日々の管理業務(建物の保守・点検等)や入居者募集までを一括でお願いしたいといったケースであれば前者、自身が運営に携わりつつも煩雑な入居者対応や家賃回収はお願いしたいといったケースであれば後者といった形で使い分ける事が可能です。

管理人メモ
入居者・オーナー目線に立ったアパートが人気の不動産投資会社です。木造ながら準耐火建築物の基準を備えている点もポイントが高く、他のアパートに比べて多くの利点があります。ただし、公式ホームページには管理の手数料や利回り等を公開していないため、セミナーや資料請求等で実際に話を聞くほかありません。物件が神奈川県中心に建てられているため、長期的な入居率や今度の動向についてはしっかりと調査した上で購入する事をお奨め致します。