一棟買いまで対応!「三井不動産リアルティ」

三井不動産リアルティサムネイル
特徴・実績
仲介販売数1位の三井グループ・大型施設対応
会社規模
資本金200億円・営業収益1,544億円
エリア 現在年収の目安
全国 1,000万円~
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.0~7.0% - -

三井グループの中でも投資用不動産を専門に販売する部門が「三井不動産リアルティ」です。億超えの一棟マンションや商業用のテナント・ビルといった大型不動産からリーズナブルなワンルームマンションまで幅広く取り扱っており、初めて不動産投資を行う方でも目的の物件を探し易くなっています。同社自体“超”が付くほどの大手という事もあり、個人の副業としてだけでなく事業者にも広く活用されている不動産投資会社と言えるでしょう。

一棟買いなら最低でも1億円

中古の一棟マンション・ビルを狙う場合、安いものでも1億円、高いものですと5億円近い価額となり、副業のレベルでは敷居が高いと言わざるを得ません。さらに、数億円レベルの融資を受けるにはかなりの信用が必要であり、一般的なサラリーマンの方ではまず審査を突破することが出来ないでしょう。3~4戸(棟)程の経験と信頼を重ねた上で、ステップアップとして狙うのがセオリーであり、初めての不動産投資では避けた方が懸命です。

ワンルームマンションの取り扱いも有

東京都を中心に日本各地の主要都市の物件が揃っており、近場・遠方双方で目的の不動産をリサーチすることが出来ます。更に、“マトリクス検索”を行う事で利回り・価格帯の物件数を一目で分かるようになっており、自身が狙っている物件を見つけ易いです。なお、現在ですと東京は「5%以上6%未満」「1,000万円以上3,000万円未満」の物件が最も在庫が多くなっています。

価格帯の物件数一覧

多彩なコンサルティング

資産の有効活用や組み換え(不動産を売却し新たに仕入れる等)、資産価値の調査、相続対策のサポート、不動産信託、企業オーナー向けの不動産投資サポート、生産緑地としての活用、家屋の区分所有化、土地の分筆、宿泊施設への転用といった他の不動産投資会社には真似出来ない多くのコンサルティングに対応しています。また、公式ホームページでは現在の不動産の簡単査定や運用シミュレーションといった役立つツールが多数用意されており、閲覧するだけで大きな価値があります。

資産ドックとは

コンサルタントの一部に「資産ドック」と呼ばれるサービスがあります。こちらは、人間ドックと同様にまずは税金や管理コスト(支出額)と、どのくらいの収益が見込めるのか(資産価値)を算出する事で“不動産の状態を把握”し、潜む課題の改善及び総合的なサポートを行うものです。所有する不動産のポテンシャルを最大限に引き出し運用の手助けを行える点は、アフターフォローが万全な同社ならではの強みと言えるでしょう。購入後のケアを重視するのであれば、選択肢の一つとして候補に入れてみてはいかがでしょうか。

管理人メモ
仲介販売数第1位の三井グループは、「売る」だけでなく「買う」のにも強く、キャピタルゲイン狙いの不動産投資にも適しています。ただし、良くも悪くも大きな特徴が無い点は否めず、掲載する物件の価格も若干高めです。“三井”のブランドは大きな魅力ではありますが、個人的には、まずは自身が行いたい不動産投資をしっかりと把握し、特化した不動産投資会社を探す方が収益的にもやりがいの面でも良いと考えます。取得する不動産が定まってない場合や、物件の相場を調べたい場合等でまずは同社を使ってみることをお勧め致します。