アフターフォローが評判!和不動産の魅力に迫る

和不動産
特徴・実績
4人に1人が年間キャッシュフロー100万円以上
年間平均入居率99.5%以上・セミナー参加リピート率66.73%
会社規模
昭和53年10月設立・資本金1500万円
エリア 現在年収の目安
東京23区 450万円~
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.0~5.0%

株式会社和不動産(なごみふどうさん)」は、東京都千代田区神田須田町を本店所在地にする中堅の不動産投資会社です。
“アフターフォローNo.1宣言”を掲げ、お客様との対話や、自社開発したマンション投資コンサルティングシステム「N-RICOS(エヌリコス)」を使い、目標から逆算したベストな提案及び多様化したライフスタイルに合わせたサービスを実現しています。

なお、同社では不動産投資(売買)のほか販売した物件を自社で賃貸管理しており、賃貸付けから原状回復までを「ワンストップ」で行っています。
本業が忙しいサラリーマンにとってピッタリの魅力あふれるサービスを展開する和不動産。
当ページでは和不動産が取り扱う物件の特徴をはじめ、同社を利用するメリット・サービス概要等についてご紹介したいと思います。

東京23区の築浅中古ワンルームマンションを販売

東京の景色

大和不動産では「東京23区の築浅中古ワンルームマンション」を紹介しています。
もちろん、これらの条件に当てはまる物件を勧めるのには理由があります。

賃貸需要が下がりにくい物件を厳選

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に人が集まることを「東京一極集中」と呼びます。
同1都3県を全国人口割合で見ますと、第二次世界大戦後は13.0%であったのに対し2005年の国勢調査では26.9%となっており、戦後同エリアの人口は増え続けていることが分かります。
この傾向は東京23区で特に顕著に表れており、革新的な出来事が無い限りは今後も増加していくと考えられます。
したがって、賃貸需要が著しく下がる可能性が低く、東京23区の不動産は他の物件に比べてリスクが低いと言えるのです。

なお、ワンルームマンションを勧める理由として「一人世帯の増加」が挙げられます。
独身世帯・単身赴任が増加していくであろうこと・国内外から東京に学生が集まること等から、ワンルームマンションの賃貸需要も比例して上がっていくものと考えられています。
以上の理由から東京23区のワンルームマンションは物件価額・家賃相場が下がりづらいと言え、和不動産では同条件に当てはまる物件を推奨しているのです。

利回りが高くインカムゲインも狙える

サラリーマンが不動産投資によって得られる利益としては、以下の2パターンが考えられます。

①収益を赤字にし、損益通算で所得税額の減少を狙う
②家賃収入で直接的な収入アップを狙う

①は、主に新築のマンション等を購入した際に得られる利益です。
特に初年度は費用が多く掛かるため、所得の圧縮を狙うことが出来ます。

②は、単純に入居者から得た家賃収入でローンの返済や利益を狙うパターンです。

多くの収益を得るには、当然ですが「出来るだけ安く買い・出来るだけ長く収益を得ること」がセオリーです。
中古マンションは新築よりも大幅に低い価格で購入することが出来ますので、ローンに通りやすい・高利回り物件を探しやすいという特徴があります。
和不動産は中古マンションを中心に取り扱っているため②を狙いたい方にお勧めです。

築浅物件で高入居率をキープ
不動産投資の物件で悩む女性

和不動産では空室リスクを極力回避するために築浅物件を勧めています。
賃貸物件は築年数が浅ければ浅いほど入居率が高くなりますので、築浅物件は高入居率をキープするための重要な要素です。
なぜ新築じゃなく築浅なの?とお考えになる方も多いと思いますが、これは中古マンションには「新築と家賃がさほど変わらない(利回りが高い)」「管理費、修繕積立金が貯まっている」「すでに物件があるためイメージがしやすい」といった利点があるためです。
つまり、築浅物件は入居率が高い割に価格が低く、家賃収入も狙える良い所取りの不動産物件と言えます。

和不動産を選ぶメリット

和不動産には以下の特徴・メリットがあります。

①オーナー4人に1人が年間キャッシュフロー100万円以上を達成
②年間平均入居率99.5%以上の賃貸管理
③セミナー・ウェビナー参加リピート率66.73%
※ウェビナーとはウェブとセミナーが合わさった造語です。

キャッシュフローとは文字通り「現金・預金」のことで、同社で不動産を購入した4人に1人が年間100万円の資産増を実現しているそうです。(※アフターフォローについては後述)
もちろん、オーナーである以上は修繕に掛かる費用・万が一の空室リスク等に備え、ある程度は貯蓄しておく必要があります。

しかしながら、上手く運営しキャッシュフローを増やしていければ、2つ目の物件も十分に狙うことが可能です。
安定したキャッシュフロー増加が見込める背景には、同社のメリットの一つである「入居率の高さ」があります。
年間平均入居率99.5%以上という数字は大手不動産投資会社に並ぶ水準であり、如何に物件を厳選しているのかを伺い知ることができるのではないでしょうか。
また、コロナウイルスの感染拡大を受け、同社ではセミナーをウェブ上にて開催(ウェビナー)しています。

和不動産のコロナ対策の詳細

初心者でも分かりやすい内容となっており、何度参加してもセミナー料は無料。
なんと66.73%の方がリピートするほどの完成度です。

購入後のアフターフォローが評判

和不動産のアフターフォローについての解説図

“とにかく売れば良し”という姿勢を執る不動産投資会社が多い中、和不動産ではアフターフォローにも力を注いでいます。
前述した「オーナー4人に1人が年間キャッシュフロー100万円以上を達成」という点は、同社がアフターフォローに尽力している証拠と言えるのではないでしょうか。
実現の背景には、和不動産の徹底した「サポート」と、運用実績が一目で分かる「N-RICOS」の存在があります。

コンサルティング付きマンション投資

「お金持ちになりたい」
「税金対策としてはじめてみたい」
「子供に資産を残してあげたい」

不動産投資を始める理由は人それぞれです。
和不動産では、はじめに“何のために・いつまでに・いくらの収入が欲しいのか”といった目標を設定した上、3か月に一度定期面談にて達成状況を確認しています。
近況・資産状況をプロの視点で定期的にチェック・コンサルタントすることにより、道を誤らずにゴール(目標)を目指せるのです。
キャッシュフロー100万円達成は長い道のりかもしれませんが、同社のサポートがあれば決して実現できない数字ではありません。

N-RICOSとは
パソコンとマウス

和不動産で物件を購入したオーナーは、同社が自社開発したマンション投資コンサルティングシステム「N-RICOS」が使用できるようになります。

不動産投資は、株やFX等とは異なり日々の変動で一喜一憂するものではありません。
悪い見方をすれば「上手くいっているのか・上手くいっていないのかが分かりづらい」とも言え、不安を抱えるオーナーも多く存在します。

N-RICOSは日々の運用実績・キャッシュフローの推移を一目で確認できる上、同システムから担当営業者に直接連絡し不明点を確認することも可能です。
また、同サービスでは家賃の振込確認や年間収支の出力もできるため、確定申告・融資の際の打ち合わせもスムーズに行えます。

管理人メモ
購入後も各オーナーに最適なプランニングやアドバイスを実施している点、管理コンテンツが充実している点等を鑑みますと、アフターフォローで選びたい方には強くマッチする不動産投資会社と言えるのではないでしょうか。
また、同社では売買だけでなく賃貸・管理業務も行っているため、運用をそのまま委託することができるというメリットがあります。
さらに、オーナーだけが利用できるコンサルタントシステム「N-RICOS」では現在のキャッシュフローを一目で確認でき、休憩時間や移動の合間に運用状況のチェックが可能です。
本業を持つサラリーマンの方にとって魅力的なサービスが多数の不動産投資会社です。
1974年より45年運営