オープンハウスの「海外不動産投資」とは

オープンハウスサムネイル
特徴・実績
全国2,000件超の物件を掲載中・利回り&条件で一括検索可
会社規模
資本金10億円・従業員1,546名
エリア 現在年収の目安
首都圏・関西・バンコク 400万円~
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
3.0~10.0% -

野村不動産アーバンネット』は、サービス名称の通り大手&老舗不動産投資会社である野村不動産グループが運営する不動産情報サイトです。
不動産投資に特化した情報ツール「ノムコム・プロ」を活用することで、区分マンション、マンション一棟、アパート一棟、投資用戸建て、ビルなど幅広い投資用物件情報を閲覧することが可能です。
対応エリアは首都圏と関西が中心になりますが、タイ(バンコク)のタワーマンションも扱っている点は、一般的な不動産投資会社には無い“大手ならではの強み”と言えるでしょう。

ノムコム・プロ会員になるべき?

不動産投資物件を掲載するノムコム

野村不動産アーバンネット(ノムコム・プロ)では、全国の多彩な不動産投資物件を常時掲載しています。
非会員でも閲覧は可能ですが、公開物件の大半は他社でも扱っているため、人気が殺到するような物件が少ないのが現実です。
もちろん“掘り出し物”と言えるような物件もありますが、よほどの目利きに自信があるような場合を除き、非会員のままで優良物件を見つけ出すのは困難でしょう。

ノムコム・プロ会員になれば非公開物件の紹介や新着物件をいち早く通知するサービスが提供されますので、本気で物件を検討しているのであれば会員になった方がベターです。
会員登録は無料な上、豊富な取り扱い物件と新規物件開拓ノウハウを有しているため、スマホで情報収集を行いたい又は物件探しをしたいという方におすすめです。

大手ならではの安心感が魅力

野村不動産の都内店舗地図

野村不動産アーバンネットは、不動産物件情報サイトの運営をメインにしていますが、不動産投資向けのセミナー開催及び資料配布等を行っています。
これから不動産投資に挑戦する方にとっては投資の基礎・仕組みを丁寧に説明してもらえる絶好の機会ですので、活用する価値は十分にあると言えるでしょう。

さらに、同グループの「野村の仲介+(PLUS)」を利用すれば対面での相談がいつでも可能であり、初心者の方でも安心して始めること出来る点も大きな魅力です。
もちろん、モデルルームを利用した新築販売など、大手グループならではの「資金力」で幅広い不動産投資に対応しているという点も同社の強みであると言えます。

ランキング機能で人気物件が一目瞭然

豊富な物件情報”“野村グループのネームバリュー
などにより、同社では会員数を年々増やしています。

豊富なデータを有している野村グループだからこそ可能な「ランキング機能」が会員から好評で、マンション区分所有やアパート一棟など、カテゴリー別にアクセス数の多い物件情報がランキング形式で公開されています。
投資家から注目されている物件を簡単に見つけることができるため、物件選定の練習としてランキング情報を小まめにチェックしている方も多いようです。

また、他社の不動産投資会社に相談している方も、野村不動産アーバンネットでめぼしい物件を予めチェックしておけば、紹介される物件が優良物件なのか否かを判断する材料にもなります。
大手ポータルサイトだけあり収益物件ランキングの信憑性が高く、情報収集にはもってこいのサービスであることは間違いありません。

海外不動産にも対応

バンコクの高級タワーマンション

野村不動産アーバンネットでは、タイ・バンコクの新築タワーマンションを扱っています。
現地の大手デベロッパーとタッグを組み開発から行っているので、他社では購入できないオリジナル物件への投資が可能となる点は同社を選択する大きな理由となるのではないでしょうか。

経済成長著しい東南アジアへの投資は“値段が安い”“地価上昇によるキャピタルゲインを狙える”ということで年々需要が上がっており、都心のタワーマンションでは予算が足りない…という方でも検討の余地があります。
ただし、逆に海外への投資は国の経済状況により地価が著しく下がってしまう可能性(カントリーリスク)も十分に考えられますので、くれぐれも慎重に最終決定を行いましょう。
不動産投資でより大きなリターンを狙いたい方や、短期・中期的な売却収益を狙いたい方におすすめの不動産投資会社です。

管理人メモ
野村不動産アーバンネットは、何と言っても大手ならではの「安心感」「物件の豊富さ」が魅力で、これから不動産投資を始める方に特におすすめしたい会社です。
ただし、まだ何も知らない初心者がネットの情報だけで購入へと踏み切るのはお奨めできません。
必ずセミナー参加や他社との比較を行った上で、慎重に判断するようにしてください。
なお、既に不動産投資を始めている中級~上級者の方であっても、物件情報の充実度やランキング機能の信憑性が高いので、情報収集ツールの一つとして活用する価値がある不動産投資会社と言えます。