投資用物件専門会社「リッチロード」

リッチロードサムネイル
特徴・実績
会員登録者数12,956名・専門家多数在籍
会社規模
資本金1,500万円
エリア 現在年収の目安
東京・神奈川・千葉・埼玉 400~800万円
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.0~10.0% -

一棟建てのマンション・アパート・戸建て等、幅広い収益物件を取り扱っている「リッチロード」は、不動産に関する仲介販売だけでなく不動産鑑定業やファイナンシャルプランニング、建設業と幅広いジャンルの業務を営んでいます。最も需要が高い関東全域で活動しており、リーズナブルかつ高利回りの掘り出し物を狙う事も可能です。

リッチロードの3つの強み

リッチロードの強みとは

リッチロードでは、以下3点をアピールポイントとして掲げています。

徹底したリサーチ力

道路の種類や幅員・接道状況をはじめ、敷地の権利状態(隣地との境界や間口)や建物の現況(外壁・屋根・公共部等)をしっかりと調査した上で、万が一問題があれば包み隠さず報告します。さらに、周辺のインフラ設備(電気・ガス・水道等)の補修・修繕はどのくらいの頻度で行われているのか、生活する上で問題が無いかまでを調査する事で、長期的かつ安定的に所有可能な物件のみを提供しています。

専門家が的確にアドバイス

リッチロードでは不動産業を母体としつつ資産運用やライフプランニングといった相談も受けています。弁護士や司法書士、税理士といった法律的な専門家に加え、一級建築士・マンション管理士等のデザイン・設計や日々の管理に関する専門家と多数提携を結んでいるため、オーナーの悩みを的確に解決する事が出来ます。

安心のワンストップサービス

家賃の徴収から滞納時の督促といった“入出金管理”、入居者からの“問い合わせやクレーム”、入居者同士の“トラブル”といった日々の賃貸管理を請け負っています。また、その多くは24時間体制での対応となっているため、「ちょっと遠くの物件が欲しいけど管理が難しそう…」といったシーンでも安心して任せる事が可能です。

厳しいローン審査がネック

中古アパートの場合、耐用年数が少ない関係でローンの審査が厳しくなります。そのため、ある程度の“自己資金と属性”がカギとなり、初めて不動産投資を行う方にとっては敷居が高い方法と言えます。また、利回りが高くても入居利率が低ければ安定した家賃収入を得る事が出来ず、絵に描いた餅となってしまう恐れも否定できません。営業マンの言葉を鵜呑みにせず、自身でもしっかりとリサーチする事が重要です。

管理人メモ
リッチロードでは高利回りの一棟建て中古アパート・中古マンションを多数掲載しています。中には“買い”の物件もあり、適宜チェックしてみても良いでしょう。ただし、同社が紹介する物件の一部はREINSに掲載されているものであるため、敢えて同社で購入するだけのメリットが薄い印象を受けます。また、中古アパートは耐用年数が満了している事が多く、不動産投資会社側がどれだけ金融機関と提携を結んでいるかがカギとなります。セミナーや個別相談で現在の状況を正直に話し、どのくらいの条件で借入を興せるのかを予め確認しておきましょう。