ワンルームマンションのトップカンパニー

スカイコートサムネイル
特徴・実績
分譲戸数33,680戸・35年空室保証・オーナー20,000人超
会社規模
資本金1億円・創業50年を迎える老舗・従業員数120名
エリア 現在年収の目安
全国 600〜1,200万円
想定利回り 資料請求 DVD請求 セミナー
4.5〜7.5% - -

スカイコートは、東京に拠点を置く昭和44年創業の老舗不動産投資会社で、東京圏を中心にしたワンルームマンションを専門に取り扱っています。1990年代から2000年代にかけてワンルームマンションを利用した不動産投資が流行しましたが、スカイコートはブームの起こる前からワンルームマンションに特化した運営をしていました。35年一括借り上げから、投資家向けの分譲・販売、賃貸入居者の募集など必要なことを全て自社グループで完結でき、ワンルームマンションでは業界トップレベルの実績を持っている不動産投資会社と言っても過言ではありません。都内の好立地物件は入居率が高いため、同社のプランニングに従いワンルームに限定して総戸数を増やせば安定した高収益が期待できます。

建設コストは平均

販売から管理まで、建築後のサポートを幅広く自社で行っている点は大手ならではの強みと言えますが、建設施工は他社に外注しているため、販売価格は相場と同等かやや高い水準となっています。そのため、建築までを行う大手不動産投資会社に比べて初期投資が嵩んでしまう点は同社のウィークポイントと言えるでしょう。しかしながら、豊富な建設実績によって建築コストを抑えるノウハウを持っているため、同等の品質を他社に求めるのであればそれ以上の費用が掛かる事は間違いありません。元々がコストパフォーマンスで無く品質で勝負する営業方針であり、ワンルームマンションの利点を最大限に活かし高い収益化を狙いたい時にお奨めしたい不動産投資会社と言えるでしょう。

投資用マンションのプロフェッショナル

地主、法人、個人といったあらゆる依頼人から分譲用ワンルームマンションを多数販売してきた実績があり、設計から販売・管理までを多く手掛けてきたトータル的なサポート力はスカイコートの強みです。50坪の土地で高層マンションを建てるなどの“土地活用”に長けており、資産価値を最大限に高めるマンション建設を得意にしています。都心部で求められる「音・室温・セキュリティ・耐久性」を重視したプランニングをしており、“入居率が高くて家賃が下がりにくい”という収益条件の揃ったマンションを企画してくれます。

新築マンション価格が上昇

不動産経済研究所の発表した首都圏投資用マンション市場動向によると2018年上半期の首都圏新築ワンルームマンション平均価格は3,088万円となっており、2000年の2,063万円に比べて約1.5倍にまで高騰している事が分かります。物価上昇や開発エリアの多様化も関係していますが、統計を取り始めた1995年以降から継続して上昇傾向が続いているのです。2020年東京オリンピックをピークに頭打ちする可能性もありますが、分譲価格が高騰したことにより、マンション経営ではなく最終的には売却収益(キャピタルゲイン)を睨んだ不動産投資にも向いていると言えます。

業績はやや下向き

スカイコートは、創業から50年の間で33,680戸(929棟)を分譲・販売した実績を持ちます。(創業から2017年12月まで)累計実績は言わずもがな高水準ですが、首都圏投資用マンション市場動向では、ワンルームマンションの事業主ランキングで圏外になっています。2018年上半期の投資用マンション(平均延べ床面積28平米)の供給戸数でもっとも多いのはシノケンハーモニーとなっており、2位にエフ・ジェー・ネクスト、3位TFDコーポレーション、4位インヴァランス、5位木下不動産と続いているのが現状で、ワンルームマンション経営の老舗大手であることは事実ですが、ワンルームマンションではやや他社に押され気味なのもまた事実です。“大手だから安心”と高を括るのではなく、しっかりとサービスで比較するよう心掛ける事も必要かもしれません。

企画力とサポート体制はやはり強い

ワンルームマンションを中心とした経営のスカイコート

セキュリティ・設備・デザインの流行等を意識しつつ、10年後、20年後も価値の下がりにくいマンションの企画をしてくれる点はワンルームマンション専門の不動産投資会社ならではの強みです。また、スカイコートは管理事業にも強いので、マンション一棟による賃貸経営・一部を分譲して資金回収しながらマンション管理で収益を挙げたい、といったケースで高いパフォーマンスを発揮します。都内だとワンルームマンションの選択肢が多く、同社以外にも強い不動産投資会社はたくさんありますが、実績豊富な老舗大手という点はやはり無視できないポイントです。マンション投資を検討している際は、相談する価値のある不動産投資会社と言えるでしょう。

管理人メモ
土地に合わせた最適なプランニングは大手ならではの強みに他なりません。ただし、スカイコートはあくまでもワンルームマンションに特化した不動産投資会社であり、ファミリータイプやアパートを用いた不動産投資には適していません。まだどのような不動産投資を行いたいか固まっていない際に提案されてしまうと、気持ちがワンルームマンションへと傾いてしまい、公正な判断が出来ない可能性があります。ワンルームマンション以外も比較検討したい場合には、他の不動産投資会社からも話を聞いた上で最終的な判断をする事をお奨めします。