不動産収益の種類を知り最もマッチする投資選びを

不動産投資には様々な方法がありますが、それぞれでメリットとデメリットがあります。はじめる理由は各々違いますが、状況に合わせて投資手法を変化させる柔軟性が必要です。

不動産投資のメリットとは?

「不動産投資」と聞くと、安く買い・高く売るという“売却益”だけを想像しがちですが、直接的な収益だけでない数多くのメリットが存在しています。
減税又は節税効果、相続・インフレ対策、保険代わり等、収益以外にも非常にたくさんの魅力があるのが不動産投資です。
具体的な収益・効果・メリットには、以下の種類や種別が挙げられます。

運用収益(インカムゲイン)

インカムゲインの収益

所謂「家賃収入」で収益を狙う不動産投資です。
例えば、不動産の毎月のローンが8万円で、家賃月10万円で貸し出したとすれば、不動産の費用をそのまま入居者が支払ってくれる上に月々2万円が浮いてしまうという素晴らしいスキームとなっています。
ただし、このような優良物件に出会うのは難しく、購入の際は将来の地価変動やインフレ等にも着目する必要があるでしょう。
最もオーソドックスで始めやすいですが、非常に奥が深い不動産投資方法と言っても過言ではありません。必要最低限の知識を得た上で参入するか、専門家のサポートを受けるように心がけて下さい。

売却収益(キャピタルゲイン)

キャピタルゲインの収益

冒頭で触れた「安く買って高く売る」事により、利益を出す非常にシンプルな投資です。
不動産者のほとんどはこの収益方法で利益を出しており、短期で大きな利益が得られる可能性があるハイリスクハイリターンな不動産投資と言えます。
特に利益率が高いのが都市開発や地域の成長・発展・減少等による地価の上昇を睨んだインベストメントで、購入価格の数十倍もの高騰の可能性もある正に「投資」です。
ただし、長期保有により毎年コストが掛かってしまう、詐欺被害等が多い、計画が流れた等で大きな損をしてしまう可能性もある不動産投資と言えます。

節税効果

不動産投資で節税

不動産投資が節税に繋がる事はご存知でしょうか。仮に収益が出なかったとしても、掛かった費用は確定申告の際に計上が出来ますので、最終的に得をする可能性があります。
また、不動産を取得した際に要したお金は一度に処理を行わず数十年に亘って計上していくので(減価償却費)、利益に対して費用を多く計上でき、実質的な利益率が高くなるという特徴もあります。
ただし、「不動産投資=節税になる」とは一概には言えませんので、まずはしっかりとした税金知識を身に付ける事が大切です。

生命保険代わり

生命保険に加入する家族

不動産を買った後に万が一自分が死んでしまったら、残された家族に申し訳ない…
不動産営業の際、営業マンが必ず一度は言われるそうです。現にひと昔前は、亡くなった方が生前所有していた不動産のローンが払えなくなり、相続放棄や任意売却、物納等で対応せざるを得ないケースもありました。
しかしながら、現在は名義人が万が一亡くなった際に残債が免責される保険(団体信用生命保険等)にほぼ100%の方が加入しており、相続人が債務を負う事はまずありません。
それどころか、相続人は当該不動産を無償で相続出来る事になるので、残った家族に対して財産を残してあげられる事になるのです。
そのため、生命保険代わりとして不動産投資を選択する方も多くなっています。

相続対策

相続税対策って?

「相続税対策に不動産」は最早定番ですね。
相続の際の不動産価格は“路線価”という特殊な倍率を用いて計算を行いますが、この制度を上手く活用し、相続財産の価値を調整する方法です。
詳しいメカニズム、具体的な節税効果、今後の動向等についてご紹介しておりますので、是非ご参考ください。

インフレ対策

刻々と変化し続ける貨幣価値

現在の紙幣価値が数十年後、同等の価値である事はまずありません。
紙幣の流通量が増えて行く事で物価は緩やかに上昇するのは致し方ない金融経済の流れであり、こればかりは一個人ではどうしようもありません。
しかしながら、インフレは不動産投資に於いて大きなチャンスと言えます。
例えば、月額平均で10万円を予定していた物件がインフレによって11万円の家賃相場となったらどうでしょう?
35年(420か月)であれば収益が420万円も変わる事になりますし、売却する事になったとしても、その時代に応じた適正価格で評価を受ける事が可能になります。
インフレの仕組みや不動産投資との関係性を知ることにより、より深い“にらみ”を加えた投資が出来るようになるのです。

社会的信用・ステータス

社会的信用を確保する

残念ながら“不動産オーナー”というだけで、社会的信用・ステータスが高まるわけではありません。
寧ろ不動産投資というシーンにおいては“会社員が最もステータスが高い”と言っても過言ではありません。
ただし、追加で投資を行う際や事業等で融資を受けたい、という場合に於いて、物的担保を提供(抵当権の設定等)出来るか否かで審査や条件は大きく変わりますので、今後経営者として活動を行おうと考えている方は会社員の内に所有しておく事を強くお奨め致します。

メリットがとにかく多い!

自分に合った投資方法を見つけよう!

様々な不動産投資の方法がある中で、各々メリット・デメリットがあり、リスク・目的にも多くの差異があるという点が当該投資の魅力であると同時に奥が深い点でもあります。
副業として投資を始めてみたい、堅く投資を行いたい、大きく儲けたい、家族のため…
不動産投資を始める方の動機は十人十色ですが、それぞれにマッチする方法があるのです。
まずはメリットやリスクを把握し、自身に最も合った投資方法を是非見つけてみて下さい。