仕組みをしっかりと知る!不動産投資の基礎知識~種類編

マンション一つとってもタイプは様々です。新築or中古?ワンルームorファミリータイプ?都内又は地方…選択肢が非常に多くなっています。種類の特徴をしっかりと把握し、損をしない不動産投資を行いましょう。

不動産投資の種類

不動産投資には多くの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、東京都・大阪府といった大都市や政令指定都市を狙うのか、はたまた地方を狙うのか…選択肢は数えきれません。上位数%の優良物件を得るためにも、まずは各投資手法の特徴について知ってみる事から初めてみてはいかがでしょうか。

中古or新築

新築の戸建て

不動産投資の対象物件には“中古”又は“新築”という大きな分岐点があります。各々リスクや特徴が異なり、メリット・デメリットにも違いがあります。不動産投資の面白さを十二分に生かすためにも、物件の差異・抑えるべきポイントをしっかりと把握し、自身にもっとも合った不動産を是非見つけてみてはいかがでしょうか。マンション・アパート・一戸建てと言った区分の違いや耐用年数の基礎についても予め知っておきましょう。

管理は自分ですべき?

不動産の自己管理は大変

不動産管理会社へ支払う手数料は安くても1万円~となっており、数十年支払うと考えると非常に高額です。しかしながら、自身で管理を行うとそれ以上の手間(家賃の徴収又は催告、共用設備の定期メンテナンス及び消耗品の交換、物件外の掃除等)が掛かってしまいます。管理を委託せずに自身で行う場合には、まずはどのような業務を行わなければならないのかという点と、自主管理が可能な物件なのか否かをしっかりと見極める必要があります。

一括借り上げとサブリース

一括借り上げの行う不動産投資会社

TVCM等でよく見かける「一括借り上げ」ですが、扱っていた不動産投資会社やオーナーが破綻してしまった、といった話も良く耳にする所であり、“本当に安全なのか?”と思われる方も多いかと存じます。一括借り上げとサブリースの性質の違いから、当該投資方法の罠・リスク等について解説致します。

短期売買のメリット

短期売買をイメージさせるカレンダー

キャピタルゲイン目的の不動産投資には沢山のライバルがいます。ボロボロの物件をリフォームし、仕入価格よりも数百万円上乗せして販売する方法は不動産屋が良く用いる手法であり、大きな利益が得られる反面で大きなリスクを伴います。ただし、自身でリフォームを行える方にとっては趣味で建物を直しつつ利益が得られる正に「趣味と実益」を兼ねた投資とも言えます。同不動産投資方法を始めたいとお考えの方は、メリット・デメリットについて予めチェックしておきましょう。

不動産投資信託(REIT)とは

不動産投資信託とはいったい何か

“不動産を購入するのはちょっと怖い…”という方には数千円から始められる「不動産投資信託」がお奨めです。不動産を購入するための資金を募り配当を行うシステムであり、株式投資に非常に似た性質を有した不動産投資となっています。ただし、会社員の特権である「ローン」を使えなくなってしまうので、メリットを一つ無駄にしてしまうという側面もあります。

民泊新法で変わる不動産投資

民泊で貸し出されている部屋

日本の空き家問題を解決すべく日本政府は“民泊事業”に力を入れる方針を打ち出しています。元々はグレーゾーンであった民泊ですが、2018年に「民泊新法」が施行された事で、日本全国で行える一大マーケットとなりました。今まで利用されていなかった一戸建てや古民家等が再注目を浴びており、参入する投資家が増加しています。実際にどのくらい儲かるのか?賃貸とどのくらい利回りが変わるのか?等に検証を行いました。

アパート一棟建ての利回り

アパートは物件価額が高い

不動産投資の王道「アパート」は、物件価額が高い反面で、非常に収益性が高い物件としても知られています。キャッシュの増加スピードも他の不動産よりも期待出来るため、入門者にもお奨めの不動産投資です。ただし、空室率(稼働率)が収益に直接反映されるため、非常にピーキーなグラフを生み出すという性質も有しています。どのような物件を選ぶべきか、どのようなメリット・リスクがあるのか等についてまとめました。

マンション投資は本当に堅いのか

マンション投資の落とし穴

単身世代が増えて行く事が予想されている日本に於いて、ワンルームマンションは他の物件にはない将来性を秘めています。さらに、日本は非常に建築技術が高くマンションの寿命は70年を超えると言われているため、長期間に亘ってインカムゲインを得る事が可能です。ただし、ワンルームマンションには“キャッシュが増え辛い”というデメリットもあるため、購入の際にはくれぐれも慎重に行うべきと考えます。狙い目な物件の特徴と利益を出すための注意点等をご紹介致します。

一戸建ては狙い目?

戸建ての運用リスク

民泊ビジネスの流行の兆しを受け再び注目を浴びている一戸建ては、地方物件であれば数百万円で購入出来るものもあり、上手く運用出来れば非常に収益性の高い不動産となります。また、自身でリフォーム・イノベーションする事で付加価値を付けた上で転売するという手法も採れるため、選択肢が多いという魅力もあります。ただし、単身世代が増加する昨今、ファミリータイプは時代の流れに逆行するという点は否定できません。一戸建てのリスクについても予め知っておきましょう。

テナント物件の特徴

様々なリスクのあるテナント物件

テナント物件は利回りが高い反面で様々なリスクを抱えています。利用者が集まるテナントを手に入れられる事が出来れば非常に安定した収益をあげる事が出来ますが、不人気エリアの物件だと大きな損をしてしまいます。また、修繕や保守に掛かる費用が非常に高いため、キャッシュの備えが必要になる不動産投資と言えるでしょう。テナント物件を探す際のポイントや実際の物件情報等についてご紹介致します。

シェアハウスの今後について

シェアハウスの住人

人気バラエティ番組の影響により一気に増加したシェアハウス(共同住宅型賃貸住宅)ですが、近年では当該不動産を取り扱う不動産投資会社が倒産してしまった事もあり、勢いに陰りが見え始めています。しかしながら、比較的安い家賃で住まいを確保出来るという事から今後シニア世代・若者の“セーフティネット”としての活用が期待されており、将来性は高い不動産投資です。シェアハウスには投資しても大丈夫なのか?当該不動産のメリット・デメリットについて解説します。

リゾート施設は逆に狙い目か

沖縄のリゾート施設

バブル期に一世を風靡した“リゾート施設”への不動産投資ですが、こちらも民泊の影響を受けて人気が高まっているジャンルです。全盛期に比べて価格は大きく下がっており、数百万円から始められる不動産投資として、今密かなブームとなっています。スキー場が近い物件から観光用の施設まで様々な特徴があるため、自身の趣味に合わせた「別荘として」の利用も出来る趣味と実益を兼ねられるという点が魅力的です。

自主管理ならパーキングがお奨め!

パーキングは自己管理しやすい

土地さえあれば比較的簡単に始められる不動産投資として人気なのが「駐車場(パーキング)」です。修繕に費用が掛かる事がほぼ無い上に管理も容易であり、住まいの近くであれば自主管理によって運用する事も出来ます。また、家が建てられないスペースでも有効的な活用ができ、中には活用方法が無い土地を安く購入し、駐車場として転用する専門の投資家もいらっしゃいます。ただし、参入がしやすいという反面でライバルも多いというデメリットもあるため、運用方法や取得物件は良く検討する必要があるでしょう。実際の事例を基に解説致します。

海外不動産投資の魅力とは

フィリピンのセブ島

大きな地価上昇が見込めない日本に見切りをつけ、フィリピンやタイといった発展途上国の不動産を狙う投資家が増加しています。近い将来、地価が数倍に上がるという見立てもある一方で、さほど上がらないと言う専門家もおり、ハイリスクハイリターンな投資であるとも言えます。日本の不動産投資との違いや、特徴やメリット・リスクについてまとめました。

不動産の特徴を掴む投資を

不動産の種類や特徴を掴むことが大切

人間と同じように不動産にもそれぞれ特徴があり、価格・収益・運用方法の全てが異なります。また、アパートでは失敗したが更地にしてパーキングにしたら大成功したという事例もあり、必ずしも現在の運用方法が正しいとも限りません。種類別の特徴はもちろん、しっかりと近傍不動産の傾向や現状を調査し、吟味に吟味を重ねる事が大切です。